初めてのお客様へ

皆さんこんにちは!こもれびガーデンです。こもれびガーデンは2002年、学びたい女性のためのフリー・スペースとして産声を上げました。以来多くのコンサートや個展、イベント、カルチャー講座な どを開催しています。2005年には出版部門を、また2007年7月には「ハーブ・スパイス食品製造・卸部門」を加えこれを機に株式会社として新たなスタートを切りました。

 

「無添加ハーブ・スパイス食品の製造」


●ハーブ・スパイスは最高の調味料、そして薬膳の素。

ハーブやスパイスは太古の昔から薬として使われてきました。二度の世界大戦を経て、負傷兵士の治療を目的に新薬の開発が進むと、植物はやがて化学的に合成 された新薬にその座を譲ります。そして21世紀の今ふたたび、植物は高い評価を得ようとしています。昨今の「機能性食品」ブームの原料はハーブやスパイス です。特定の薬効植物を吸収しやすい極小ナノサイズにして必要な内臓器官に届ける、というのが機能性食品の役割です。
一方、食品として薬効植物を摂る、という文化や植物に対する知識は途絶えようとしています。春の七草で胃腸を整え、夏には桃の葉であせもシップ、冬にはショウガで冷え知らず・・・などなど、おばあちゃんの知恵は風前の灯火。
こもれびガーデンは、この「おばあちゃんの知恵」復活のために、ささやかな抵抗を試みています。
薬効豊かであると同時に、食材の味を引き立たせる魔法の調味料「ハーブとスパイス」のある生活を提案します。●なぜ無添加?こんな体験ありませんか。レストランに入る前からその店の味が分かる。いつも同じ味・・。これは添加物たっぷりのメニューである証拠。がっかりですね。 「日本の洋食はみんな同じ味がする」とは、ある外国人旅行者の弁。なるほど、思い当たります。インスタントのダシ(化学調味料)を使っているからです。
旬の食材は、それだけをかじっても、とても美味しいものなのです。自信を持ちましょう。出来る限り家庭で料理したもので食卓を囲みましょう。ちゃんとダシをとって、季節のものを使って。そこにハーブやスパイスがあれば、最高の食卓!

「人と人を結ぶこもれび」
文化的な活動を支援しています。こもれびで教室を開きたい方に、格安で会場を提供しています。皆様にご満足いただける環境を保証します。各教室の講師の皆さんとこもれびガーデンは信頼関係で結ばれています。「人と植物の優しい関係」
こもれびガーデンは手作りのハーブガーデンです。土は生ゴミ堆肥で育てています。庭のデッキやレンガ敷きなども家族の協力で出来ました。植物大好き家族の 愛の結晶です。現在はハーブ・スパイス研究家の私と、フラワー・アレンジ専門の長女の二人で庭の手入れをしています。庭は同時に植物実験場でもあります。

「恒例オープン・ガーデン」
毎月第一土曜日10:00~16:00こもれびガーデンを皆様に開放しています。開放日には家庭料理や植物にまつわるイベントを行っています。また、この日は一般の皆様にこもれびガーデンの製品を販売しています。

コメントは受け付けていません。