ギリシャ・クレタ島 オリーブを訪ねて。その1

 

いざ、オリーブを訪ねてギリシャのクレタ島へ!

前回の続きです。

現地のオリーブが見てみたい。

そんなわけで、いざギリシャへ。

訪問したのは、ギリシャ・クレタ島。

到着した日に真っ先に目に飛び込んできたのは、オリーブの樹、樹、樹・・・・。全島の山肌を覆う信じられない数のオリーブの樹。

流石、オリーブオイル発祥の地、クレタ。


「青年は一人残らずオリーブの樹を植え、育てよ」という古代からのクレタ島の規律を忠実に守り抜き、数千年、いや、数万年をかけて増やされたオリーブの樹々。

こんな景色を見たことがありません。挿し芽で増やしたのでしょうか。樹齢2000年の樹もあると言いますから、驚きです。

レモンの樹、オレンジの樹も そういえば沢山ありました。どこのお家にも柑橘の樹があり、たわわに実ったレモンやオレンジをテーブルの上に飾っていましたね。

マロウ、オレガノ、セージなどが 雑草のように自然に繁茂しているクレタ島。

オリーブの樹々の間に生えるハーブをついばむヤギたち。

そして、ハーブを毎日食べている山羊のチーズが何とも美味しいのです。

山羊チーズはしばしば臭いが強く苦手ですが、クレタの山羊チーズはさっぱりとしていくらでも食べられます。

さて、ギリシャのオリーブオイル料理ですが、それはもう、なんにでもオリーブオイルが使われています。

英語サイトですが、ご覧になってくださいね。

bbcgoodfood.com

お呼ばれの家庭料理。

柔らかく塩茹でした野菜に たっぷりとレモンとオリーブオイルをかけたシンプルな一皿。

私のお気に入り。

エーゲ海クレタ湾でとれたウニをラスクに乗せ、たっぷりとオリーブオイル。

生ヒジキに酢と塩とオリーブオイル。

パプリカの肉詰めオリーブオイル煮込み。

クレタ紀行はまだまだ続きます。

また次回に!

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。